ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニート就職

30代職歴なしが就職した後 仕事・職場環境と人間関係

更新日:

夜明け

職歴なし就職のその後

30代まで働いた経験がない自分は一生まともな職に就くことは出来ない・・・

そんな風に思っていませんか?

 

しかしニートからの脱出でも解説している通り、正しい道筋で就職活動をすれば就職は可能ですし、35歳前後でもニートにおすすめの仕事から選択すれば社会復帰は可能です。

今までも下記のように、たくさんのニートの方が就職活動を成功させてきました。だから心配する必要はありません。

インタビュー
就職活動
就職活動のヒント。体験談とインタビュー

  就職活動の体験談 ニートから正社員へ意地の成り上がり! インタビュー   「一日中暇だった」就活を始めた1冊の本との出会い 「罪悪感に押しつぶされそう」就活への決意 「兄弟がニ ...

ただ「就職できた」からといって、それがゴールではありません。

今まで働いたことない方が最も心配するのは、「内定が決まった後」ではないでしょうか。

職歴なき者がいきなり社会に飛び込んで、まともに適応でるのか?同僚や上司、はたまた自分より年の若い先輩に馬鹿にされるのではないか?

30歳で初めて就職活動をしていた私も「就職できるか?」よりも「適応できるか?」が最も不安でした。

 

そこで今回は「職歴なしの内定後」についてお話させて頂きます。

入社さえすれば職歴なしは転職者と変わらない

始めに結論をお話しすると、職歴なしの入社後は、技術職を除けば転職者の入社後とほとんど変わりません

技術を期待されての雇用の場合、相応の仕事をこなせなければ「こんなことも出来ないの?」と怪訝な顔をされ苦労するでしょう。

しかし大半の仕事は会社によってやり方が異なる為、誰しもが未経験、分からなくて当然なのです。

職歴があろうとなかろうと差異はありません

ただひとつだけ違う点を挙げるなら体力面や生活面での違いです。

アルバイトでバリバリ働いていた方なら問題ありませんが、ニートだった方の場合、いきなり週5日間、それも一日のほとんどが仕事の生活になります。

その生活に慣れるまでは多少苦労するでしょう。

31歳職歴なしで就職が決まったあと

私が当時の会社に内定を決めたのは31歳の時でした。

それまで職歴は一切なく、あるのはアルバイト経験のみ。入社日が決まってから、初出勤の日までびくびくしていたのを今でも覚えています。

経験は何もないのに年齢だけは一人前

馬鹿にされるのではないか

職場いじめに合うのではないか

そんな風に自分を卑下し、被害妄想に陥っていたのです。

 

何十、何百と不採用通知を受け取り、なんとしてでも正社員職に就きたいと望んでいたのに、いざ採用されると、嬉しさより恐怖が勝っていました

怖くて逃げだそうと何度も思いました。

初出勤の日は、始業時間の随分前に会社に到着したのに、いつまでたっても社内に入れず時間ギリギリまで辺りをウロウロしていたのです。

今考えたら笑える光景ですよね。ただそれくらい不安だったのです。

 

しかしいざ仕事が始まってみると、そんなことを気にする必要など一切ありませんでした。同期も何人かおり、皆私より若い転職者ばかりでしたが、会社での扱いは彼らと変わりません。

職歴があろうがなかろうが、今回の業務は皆始めて。多少の引き出しの差はあれど、スタートラインは全員同じだったのです。

 

また「職歴なし」を取り立てて強調されることも一切ありませんでした。会社の人と会話するようになるまでのしばらくの間、私が職歴がないと知る者は社長や人事の方以外いなかったのです。

休憩時間や仕事の合間に「この仕事に就くまで何をしていたんですか?」と聞かれることはありましたが、「アルバイトでフラフラしていた」と言っておけば、それ以外特に突っ込まれることもありません。

会社の人もこちらの経験を計りたい訳ではなく、会話の糸口として聞いてくれているだけなのです。

今では重役に就いている上司も30代までアルバイトでふらふらしていたと聞けた時もあり、親近感が湧くことさえありました。

 

入社前に怯えていた心配は、全て自分が勝手に作りだしたものにすぎず、気にする必要など一切なかったのです。

周りにすれば、これから仕事を覚えしっかり業務をこなしてさえくれれば、過去のことなどどうでもいいのです。

それよりも一緒に働きやすい人物かどうかだけです。

30代まで仕事をしていなかった方は、コミュニケーション面で自信がない方も多くおられると思いますが、前向きに一生懸命動くことを心掛け、愚直さで対応すればカバー出来る筈です。

OJT研修がきっちりしている企業が狙い目

勿論これらは職場環境によって異なるので、誰しもに当てはまることではありません。

会社によってはいきなり責任ある仕事を任せられたり、何も分からないまま仕事をしなければならないこともあるでしょう。

 

ですから、職歴なしの方はOJT研修がしっかりしている企業を選ぶのが狙い目です。OJT研修とは平たく言えば実務を通して行う新人研修のことです。

1ヶ月から3ヶ月先輩社員につき、丁寧に仕事を教えてもらうことで業務に必要な力を身につけ、研修終了後に1人で動けるようになるのが目的です。

この制度を整えている企業は、前職を引きずらない業務を行っている可能性が高く、新入社員全員が一からのスタートなので、職歴が際立つ恐れもありません。

 

また、OJT期間中は仕事の責任もそれ程ありません。

研修終了後のミスはあなたのミスですが、OJT期間中のあなたのミスは教えた者のミスです。あなたを教えた上司に責任があり、会社や取引先に怒られるのは上司なのです。

だからといって適当にやれという話しではありません。

研修が終わって実際に1人で仕事を扱うようになると、会社の存続に関わるので努力だけでは許されません。

努力は当然で、ミスなくきっちりと仕事をこなす力も必要なのです。しかし研修中だけは努力と一生懸命さだけでもいいのです。

上司もあなたがミスしないよう、丁寧に教えてくれる筈です。

この期間中に分からないことは何でも相談し、一人前に動けるように努力しましょう。

職歴がないことを恐れる必要はない

30代職歴なしが不利なのは入社するまで。

それもニートからの脱出や、ニートにおすすめの仕事のように就活すれば社会復帰は可能です。

 

自分を低く見ているのはあなただけであり、内定さえ掴み取れば後は周りと一緒なのです。

選んでくれた会社はあなたが会社で力を発揮できると期待して雇用しています。自信をもって仕事に取り組みましょう。

-ニート就職

Copyright© ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動 , 2018 All Rights Reserved.