ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

ニート必見!不安が軽減される就活方法とは?

   

夕暮れ

なぜニートの就活には不安が付き物?

仕事をしていない人。ニートとは一般的には斯様な人を指しますよね?

私の周囲にもニートはいましたが、彼らは必ずしもニートになりたくてニートになった人ばかりではありませんでした。働く意思はあったものの、なかなかニートから脱却ができなかったのです。

理由は簡単。就活を上手く進めることができなかったからです。事実、二つの不安がニートの就活の足かせとなってしまっているのです。

劣等感から生じる不安

ニートの就活の足かせとなってしまう1つ目の原因は、ずばり“劣等感から生じる不安”です。

自身がニートであるということに、極度の劣等感を感じてしまい、そもそも社会に出て就活をすることができなくなってしまうのです。

ニート脱却を臨んでいるにも関わらず、必要以上に劣等感を感じてしまい、社会に出られないのです。周囲の目が気になり、就活の為のアクションが取れないという、非常に深刻なものなのです。

失敗してしまうかもという不安

2つ目の不安は、“失敗してしまうかもという不安”です。この不安は、一度就職に失敗をした経験のある人に良く見られるものです。

この会社に入社したらまた失敗するかもしれない。

斯様な気持ちから、なかなか就職先を決定することができない、もしくは採用試験すら受けられない状態となってしまうのです。こちらもまさしく、就活の足かせと言えるでしょう。

ではそれらの不安が軽減される就活方法とは?

二つの不安が足かせとなって、就活が進まない、ニート脱却ができないでは困ってしまいますよね?

当たり前ですが、社会に出なければ、いつまで経ってもニートから抜け出すことはできません。不安を理由に就活をストップさせることは絶対にNGです。

ではそんな不安を少しでも軽減することができれば?就活も進みますし、ニート脱却にも一歩近づけますよね?そこで不安が軽減される就活方法について紹介したいと思います。

インターネットを上手に活用する

ニートの人にとって、劣等感や恥ずかしさを感じてしまう瞬間。それは外出をしたり、誰かと直接会話をしたりする時ではないでしょうか?

外出や直接会話がニートの不安を更に大きくさせてしまい、悪循環を招いているものと考えられますよね?そこでおすすめなのが、先ずは就活をする際、“インターネットを上手に活用する”ということです。

現在、就活・転職サイト、相談窓口等々、ネット上にはあらゆるものが存在します。

先ずはネット上で情報収集、相談等を行い、ネットを通じて社会に触れるきっかけを作っていきましょう。徐々に社会に慣れるようにしていきましょう。

事前準備をしっかり行ってから直接人と会う

ニートの人が劣等感や恥ずかしさを感じてしまうもう一つの瞬間は、人と話をしていて自信が無くなる時ではないでしょうか?

言葉に詰まってしまったり、会話が成り立たなかったりと、斯様な場面に出くわすと劣等感や恥ずかしさが湧き出てしまうように感じます。

ではどうすればよいか。シンプルな方法ですが、“事前準備をしっかり行ってから直接人と会う”ようにすれば良いのです。

事前に相談したい内容等をきちんと確認したり、準備をしたりしていくことで、いざ直接対話をする際に、自信を持って臨むことができるはずです。

事実、ニートに対する社会の目は厳しいです。ニートでない人が失敗をしてもさほど気にならないようなことでも、ニートの人が失敗をすると途端に過剰反応を起こすのが実態です。

“だからニートなのだな”というような印象を持たれることも少なくありません。これでは更に不安や劣等感が募ってしまいますよね?

そうならない為にも、事前準備をしっかり行って臨むようにしてみましょう。

深く考えすぎて消極的になることを避ける

“昔働いていた頃の失敗を繰り返したくない。”

ニートの人の中にはそのような思いから、就活に対して極度の慎重姿勢を取る人が多いです。私の友人もそうでした。

しかし、これはかえって逆効果。慎重になるのは大切ではありますが、いつまで経っても決められない、行動に移せないというのは危険なのです。

先程も申し上げたように、ニートに対する社会の目は厳しいです。したがい、慎重になり過ぎてニート状態が長期化してしまえば、更に不利な状況に陥ってしまいます。

給与・待遇・業務内容・社風において気になる点があれば、どんどんアクションを起こしましょう。

採用試験を受けた方が、面接等々で更に企業についての知識が増え、判断材料は増えていきます。迷っているくらいならどんどん受けた方が良いのです。

極度の慎重姿勢は仇となってしまいますよ?

まとめ

このように、ニートの人にとって就活は非常に大きな不安が付き物。不安が就活のあしかせとなってしまうのです。

就活をするというアクションがそもそも社会に出る為の第一歩。無理に一歩を踏み出すよりかは、徐々に徐々に慣れていく方が良いのです。今回挙げた就活方法はまさにそんな方法ですよね?

初めの一歩は大変かもしれません。しかし自身が不安に思うことを理解したうえで、それをなるべくカバーするように行動してみてください。きっと以前よりも不安が軽減され、スムーズに就活が進められるはずですよ?

 - ニート就職