ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートから正社員

ニートから正社員へ意地の成り上がり!

更新日:

トンネル
一度も働いたことがない方、仕事をやめ何年間も無職の方、今そんな方が数多くおられます。私もその内の1人でした。

大学を卒業して一度は住宅メーカーに勤めましたが、半年間で退職し約2年間のブランクを空けることになります。しかしニートから脱出し今は正社員として働いています。

今回私が体験したニートから正社員になるまでの簡単な過程、その時の苦労、就職活動の全てをお話しします。

同じ境遇の方に少しでも参考になれれば幸いです。では、最初はニート時代のお話しをさせて頂きます。

ニート時代

私がそもそも何故仕事を辞めたのか。それは仕事に耐え切れなかった為でした。

まず休みがありません。サービス残業は当たり前。さらには上司のパワハラです。肉体的、精神的にも限界だったのです。あのまま続けていてもどこかで体を壊していたでしょう。

前職を辞めた私は実家に戻って新しい仕事を探そうと考えました。

しかし前の職場では休みが一切無かったので、なにもしない1日というのがとても快適に感じてしまったのです。そしてそのままダラダラ暮らし「無気力」状態に陥ります。

転職サイトに登録することもハローワークに行くこともありません。仕事も探さず家もあまり出ませんでした。

「コミュニケーション不足」となり、人と話すことに対しても苦手意識が芽生えてきました。その状態が半年も続くと、親も仕事で忙しいのでなにも言わなくなりました。

一番苦しかった事

ニート生活は無気力状態で、楽しいことはほとんどありません。そして苦しいことがたくさんありました。

その中でも一番苦しかったのは友達と会っている時かもしれません。働いている人と働いていない人では壁が出来てしまうんです。

友達はそんな風に思っていないのかもしれません。そう頭では考えていても、心の中では差別されてるのか?と思ってしまうんです。

そして同じタイミングで親にも見離され、この時期が一番苦しかったといえます。しかし同じ状況が続く中で変わろうと思ったきっかけが起きました。

祖父の死

なにもせずに毎日のようにプラプラして二年を迎えようとしている日に、突然祖父が脳梗塞で倒れこの世を去りました。祖父は大学資金など生活費以外の全ての費用を払ってくれてた人物です。

祖父は、私が仕事を辞めてもなにも言わずにただただ毎日笑ってくれていた方です。

ほとんど親みたいな存在の祖父が突然亡くなり、始めて自分はなにをしてるんだという気持ちが芽生えたのです。そして変わろうと思えたのです。

変わろうと思ってなにをした?

まず今の嫌な気持ちを全て断ち切ろうと、髪をバッサリ切り、そのまま近くのハローワークに通いました。

簡単には良い仕事は見つかりません。募集も少なく応募したいと思える企業はあまりありませんでした。ハローワークでどのような仕事が向いてるかを担当者と相談しました。そして一緒に仕事を探してもらいます。

最終的に絞れたのは営業職、そして資格を持っていることから医療事務の面接を受けることになりました。そこまでに辿り着くまでには一ヶ月程で、それほどの時間はかかりませんでした。

そして面接を受けるまではひたすら練習と履歴書の書き方に磨きをかけたのです。

いざ面接へ

オフィスビル
最初は医療事務の面接でした。簡単な自己紹介をした後、面接者から特技や自分の強み等、面接練習通りの質問をされ、的確に答えていきます。しかし最後の質問に落とし穴がありました。

2年間のブランク

「貴方は前の仕事を辞めて約2年間空いていますが、なにをしてたのですか?」

この質問に対し、面接練習をしていたにも関わらずうまく言葉が出てきませんでした。

「就職活動をしていましたが、私自身未熟で今日まで働く事が出来ませんでした」そう答えるしかなかったのです。

結果はもちろん不採用。自分の空白期間に自信を持てなかった結果だと思っています。

しかしこの経験のおかげで次の面接に全てを出すことができました。

「ありのままの自分」この言葉の通り、次は決まった言葉ではなく自分の全てを見てもらおうと、思った事を言葉にして面接者に伝えようと思いました。

営業の面接

面接の内容はほとんど同じです。そしてやはりブランクについて聞かれます。

「前職を辞めた経緯」
「自分自身の未熟さ」
「働く事により対しての意欲」
「最後のチャンスを御社で使いたい」

全てをぶつけました。自分のダメな部分を素直に認め、そこをどう改善して仕事をするか、この会社でどのような働きが出来るかをありのままに話したのです。結果、一週間後に採用通知の連絡がありました。

ニートを抜け出したいと考えている方へ

自信がない、気力がない、どうせ無理、人が嫌い、苦しい。全ての気持ちは分かります。でも、私は今働いていることで生きていると感じます。

必ずきっかけはありますし、面接者の中には勉学や経歴等関係なく人柄を見ている人もいます。

今の自分を隠さずに上手く言葉に変えてその全てをぶつけましょう。ニートだからというのは関係ありません。立ち上がりましょう。まずはハローワークに通うか、転職サイト・転職エージェントで求人を探して下さい。

最初の一歩が大事です。今日1歩進めば次の1歩は少し楽になります。それを積み重ねて正社員へ意地でも成り上がりましょう。私も出来たのですから絶対に出来る筈です。

転職サイト

転職サイトの利用者は多いと思いますが、大企業から中小企業まで求人数の幅が広いリクナビNEXTは必須です。

プロフィール登録し、志望の業種・職種を設定しておけば企業からスカウトが届くのでおすすめです。

リクナビNEXT[必須]

人気NO.1はリクルートのリクナビNEXT。顧客満足度ランキングでも1位を獲得しており、求職者の8割はリクナビNEXTを利用しているというデータが出ています。

求人の約85%はリクナビにしか載ってない案件なので、ここでしか得られない情報が盛りだくさんです。

会員登録しておくと、編集部のおすすめ求人や貴方の希望にマッチした企業からのオファーや・カウトを受け取る事も可能です。

また面接や書類で自分がアピールすべき部分が分からない場合には、貴方の強みを本格診断してくれる「グッドポイント診断」をWeb上で受ける事ができます(約30分の大ボリューム)。

就職活動を始めるならまずはリクナビNEXTに登録するとよいでしょう。

人気の人材紹介会社

転職エージェントの利用は最近人気の就活方法です。コンサルタントと個別カウンセリングを行い、希望職種や希望待遇を伝えることでその条件に適したおすすめ企業を紹介してくれます。

また人材紹介会社を利用する最大のメリットは、履歴書・職務経歴書の書き方・面接対策など企業に合わせたアドバイスを受けれる点でしょう。

面接日のスケジュール調整も行ってくれますし全て無料で利用出来るので、就職活動に不慣れな方や、なかなか採用が決まらない方は一度活用してみるとよいでしょう。

就職Shop
[関東・関西の30歳までの方]

就職Shopはリクルートが運営する20代向け就職・転職サービス。

キャリアコンサルタントと面談するだけで、希望に沿った企業の情報を提供してもらえたり、少人数セミナーや模擬面接など、就職内定まで完全なサポートを受けることができます。

ただ就職Shop最大のメリットは、その希望の企業へ「書類選考なし」で面接をしてもらえる点でしょう。「既卒だったから」「ニートだったから」という理由で書類だけで落とされることはなく、人間としての可能性を見てもらうことができるのです。

実際、就職Shopを利用している就職成功者の3/4は正社員未経験者で、スキルがない人でも正社員になれる可能性の高いサービスとなっています。

また担当者が訪問取材した企業しか取り扱っていないので、職場の雰囲気や待遇・仕事のやりがいなどを詳しく把握した上で、あなたに本当に合った企業のみを紹介してくれるのもメリットの1つでしょう。

他の就職サイトでは年齢が高くなるにつれて応募できる職種が限られてくることが多いですが、就職ショップでは幅広い職種を取り扱っており、応募することが可能です。

現在、東京・横浜・千葉・埼玉・神戸・大阪・京都に店舗を構えています。

DYM就職
[地方在住の方]

DYM就職は仕事探しから、面接対策、企業との交渉まで、就活をフルサポートしてくれる、ニート・フリーター向けの転職エージェントです。

就職Shopと同じように、書類選考なしで面接へと進めるので、最短1週間でのスピード入社も可能としています。

DYM就職を利用するメリットの1つが、他の転職エージェントでは就職率が80%という数字の中(それでも高いですが)、DYM就職の就職成功率は96%と圧倒的な数字を誇っていることでしょう。

担当者たちが就活を熟知しており、的確な服装指導・面接練習・企業へのアピール練習などを受けれる為、そのような数字が実現できています。

DYM就職の求人数は2000社程度であり、それほど多くありませんが、一部上場企業やトップベンチャー企業など優良企業の求人を揃えているので、それらの企業を目指したい方は利用するとよいでしょう。

現在は、札幌・東京・大阪・名古屋・福岡の方が利用可能です。

-ニートから正社員

Copyright© ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動 , 2018 All Rights Reserved.