ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

ニートから脱出する全ての方法を紹介

      2015/09/01

ニート脱出方法同じニートでも置かれている状況によって大きく違います。自分はどのタイプのニートなのだろうか。

ニートのタイプ

一つに、就職したくても仕事がない・見つからないニート。あるいはフリーター
二つに、ただ働きたくないニート
三つに、働く事が困難なニート

に分けられるだろう。一つ一つ見ていこう。

仕事が見つからない

最近までアルバイトや学校に通っており一般的な生活を送っていたが、現在は職に就いておらず、就活中ではあるが採用されない状態。就業意思がある為、厳密にはニートとは呼ばないが、就職したくても仕事が見つからない者。

仕事は見つからない場合はどうしたらいい?

こういった場合は仕事の探し方を変えるか、考え方を見直す事で解決策が見えてきます。

まずは転職サイトや求人サイトの活用。昨今の就職活動の大半は就職サイトを通して行われています。就職サイトに登録する事で効率化を図る事が出来るでしょう。

もしそれでも希望する求人がない場合は転職エージェントやハローワークに足を伸ばすのもひとつ。これら全てを活用すれば世の中の求人情報はほぼ全て網羅できます。

それでも見つからない場合は考え方を見直す必要があるでしょう。その希望条件、自身のスキルに適合していますか?業界選びや職種選びの段階で大きな過ちを犯している可能性があります。

スキルもキャリアもないのに希望条件だけが高ければ当然仕事は見つかりません。現在の自分に見合った仕事を探すべきなのです。

どうしても希望している業界や職種ならばそれを選ぶ事が正しいですが、楽をしたいからとかなんとなく等安易な理由の場合はもう一度自分の経歴に合った企業を選び直す必要があります。

選択肢を広げるということは零細企業も加わってくるので、ブラック企業に気をつける必要がでてきます。ただ視野を広げたことで簡単に仕事が決まったという者も珍しくありません。

もう一度見直してみましょう。

就職活動はとにかく空白期間を短くするのが大切です。空白期間が長くなればなる程、書類選考において不利になります。それを避ける為にはとりあえず動くこと。

もちろん自分が何をしたいか、どんな業界どんな企業なら働く事が出来るのかは慎重に考えないと後々ミスマッチが発生します。しかし中途採用では実務経験が大きく問われます。新卒の様に内面や伸びシロはあまり見てもらえないのです。

ですから今すぐにやりたいことが全て叶う企業を見つけるのではなく長期プランで考えていきましょう。

 

迷っている時間、考えている時間を過ごしている間に、空白期間が長くなり就職活動が大変になります。出来る限り早く動きましょう。

即戦力を磨くとは

もし優良企業から内定が貰えなくても落ち込む必要はありません。多少の焦りは良いですが自分を必要以上に追い込む必要もないでしょう。

優良企業に勤めている者は少なく、ほとんどは中小・零細企業に勤めていると言われている通り、そもそも仕事というものは席の数が決まっています。

テレビで例えるなら番組の数というのは限られています。

その中でゴールデンの枠は当然超一流の司会者や出演者が出揃います。すでに実績がある人、スーパールーキーが席を奪います。余程の経歴や特技、経験を持っていない限りそこには出演できません。

普通は深夜であったり、早朝であったり、場合によってはロ-カルから始めます。もちろん深夜や早朝ローカルが悪い訳ではありません。同じ1時間番組です。場合によってはより濃い1時間かもしれません。

深夜枠もいっぱいで出演すら出来ない人だっています。フレッシュな実力ある若手は機会を多く与えられますが、経験があまりない年齢だけを重ねた者は出演する機会がなかなか得られません。

じゃあ年を重ねた人材は全く入る隙がないのかと言われればそうではありません。可能性があります。それが「即戦力」です。

番組が必要とする能力を1つ持っているだけで重宝されるんです。

最近までパっとしなかった方が一つキャラクターを身につけたことによって、様々な番組に呼ばれるようになったのを見たことがあると思います。

そしてメキメキと力をつけ、経験で総合力も身につけ、今ではなくてはならない存在にまで成り上がるのです。

ほとんどの場合は、即戦力=実務経験があるです。テレビに出れない、つまり経験を積む事が出来ないから困っているのに即戦力をつけろとはどういうことだと思われるかもしれません。

でもなにもテレビで鍛えることだけが即戦力になる方法ではないのです。

最近までパっとしなかった方は急に力がついたのでしょうか?テレビだけ見ているとそんな風に感じますが実は違います。舞台や営業など多くの方が目にしていないところで努力し即戦力を磨いたのです。

テレビに出演する正社員だけが全てではないのです。契約社員やアルバイトだって即戦力になりえるんです。まずは働ける環境に身をおき、即戦力を磨いてから正社員の扉を開けるのもひとつの手です。

ただ働きたくない

ただ働きたくないニートに関しては、特になにもありません。本人がそう思っているのですから働く必要はありません。

ただ単に働きたくない、働く必要性を感じないのであれば、それはあなた自信が働かなくても生活できる状況に身を置いているからです。

実家に暮らしながら親のお金で生活が出来てしまっている場合、そのままいけば30代の中年齢ニートになっていく事もありえるでしょう。

自分の人生ですからそれで満足出来ればそれでよいです。一生生活出来る程の貯蓄があれば世間体はさておき問題ないでしょう。将来どうなるかは分かりませんが。

ただ「ニート脱出」というこのページを読んでいるのであれば、いつかは働かなければいけないと感じている筈です。せいぜい「出来れば働きたくない」か「働きたいという感情を持ちたい」かでしょう。

働いている人間の1割は趣味であり自分の生き様です。働く事が大好きな方達です。

本来こう考えれるのが一番幸せですが、残念ながらそういった方はそれほど多くありません。皆出来れば働かずに家でゴロゴロしていたいのです。

ただ「働かなかれば(今後)生きていけない」んです。実家が裕福でない限り、生きる為に今すぐ働かないと駄目なのです。ですからただ働きたくないを理由にしているニートの方は、ある程度裕福か余裕のある方だと思います。

余裕のある状態にいるのは何も本人が悪い訳ではありません。かといって周りや親が悪い訳でもなく、結果的にそうだっただけです。

あとはその余裕のある状態を断ち切るだけです。断ち切らなくても強い意志を持って就職活動に挑めばよいですが、怠けグセが根付いている場合意思だけでは中々思うようにはいきません。

思い切って自分を追い込んだ方が早い場合があります。

働く事が困難

滝と自然引きこもりの方や人と交流を持つのが怖くて働いていない場合。

こちらは場合によっては心のケアから始める必要があります。自分でどうにかなりそうなレベルなのか病院に通うべきレベルかです。

病院に通ってもすぐ解決する問題でもありませんし、病院に行ったところで問診後に薬を出されて終わりのケースが多いのですが、それでもしっかりした先生に当たれば解決の糸口にはなる筈です。

自身でどうにもならないと感じるなら一度行ってみてもよいでしょう。

自分でどうにかなりそうな場合は、まずその怖さや思考はどこから来ているのか考えてみましょう。自分の考えと向き合ってみるのです。

ほとんどの場合は過去にどこかで失敗を経験した、もしくはいじめや嫌な体験を味わいそのイメージがこびりついてトラウマとなっているケースです。しかしそのトラウマは部屋にいても一人でいてもいつまでたっても解決しません。

一番の解決方法はそれに勝つ事です。勝つというと大袈裟になりますが、同じトラウマを味わわなくてすむんだと実感する必要があります。

例えば外に出てボールで転んで怪我をしたとします。それ以来外に出るのが怖くなったとしましょう。外に出ると又ボールで転ぶかもしれないと嫌な妄想を繰り返し一種のトラウマとなります。

しかし家の中にいてはいつまでたってもそのイメージは拭い去りません。家の中でボールのある場所を勉強しても意味がないんです。これは外に出てもボールで転ばないんだという体験をしてトラウマを消し去るしかないんです。

外はもちろん危険です。色んな物が落ちていていつ転ぶか分かりません。ただ気をつけていると意外と危険だけではない事にも気付きます。

おもいきった休養は大事

疲れた時はしっかり休みましょう。精神が弱っている時に頑張りすぎるのはNGです。

自分は弱いとか自分は駄目だとか追い込む必要はありません

自分は駄目だと罪悪感を感じながら休むから、疲れもとれないんです。1日や2日程度なら度を越える程休むのも悪くありません。

そうして徐々に外に出たり、外部と接触出来れば成功です。次は就職活動に動きだしてみたりアルバイトをやってみましょう。なにも接客業じゃなくても構わないのです。

あまり人と接さずに働く仕事もたくさんあります。そこから初めて社会復帰していきましょう。

人気の転職サイト・転職エージェント

リクナビNEXT
おすすめ

ニートの方の就職サイト人気NO.1はリクルートのリクナビNEXT。求職者の8割はリクナビNEXTを利用しているというデータ通り、安心感がとても強い転職サイト。

顧客満足度ランキングでも1位を獲得しており、求人の質は他の追随を許しません。求人の約85%はリクナビにしか載ってない案件なので、ここでしか得られない情報が盛りだくさんです。

会員登録しておくと、編集部のおすすめ求人や貴方の希望にマッチした企業からのオファーやスカウトを受け取る事も可能です。また面接や書類でアピールする部分が分からない方には、Web上で貴方の強みを本格診断してくれる「グッドポイント診断」など独自のサービスも受ける事ができます(約30分の大ボリューム)。

ハタラクティブ注目

ハタラクティブも既卒やフリーターを対象とした数少ない就職支援サービスです。

個別面談を受ける事で、貴方に合った仕事を導きだし、企業への紹介、面接日の調整、必要種類の書き方、面接対策など、就職活動に必要な全ての手助けをしてくれます。登録者の内定率は約80%。

初めて就職活動をする方は履歴書の書き方も面接対策も自分でする方がほとんどだと思います。しかしそれで採用が決まらない方、いつも書類選考で落とされる方は対策の仕方やアピールの仕方が間違っている可能性があります。そういった基本的な事を教わるだけで内定率は上がります。

20代で東京・埼玉・千葉・神奈川など関東圏在住の方は是非活用してみましょう。

 - ニート脱出方法