ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

低学歴でも優良企業には入れる!自分の学歴を恥じるな!

      2015/07/28

ビル
現代は就職浪人も多く、就職氷河期といわれています。就職活動をしても内定を中々もらえないと悩む若者もたくさんいる中で、低学歴の人はもっと苦労する。そう思う方はいらっしゃいませんか?

低学歴でも優良企業には入れる

今回は、低学歴でも優良企業に就職できる要因とやるべき事をご紹介させて頂きます。

①低学歴でも大丈夫!優良企業に就職できる要因は?

☆不景気

不景気だから就職しにくい。
はっきり言ってだからチャンスなんです。なぜ、そのように言えるかと言うと今企業が求めているのは優秀な人材ではありません。いかにこの会社で能力を発揮できるかを見ます。

正直、大学の出身とかIQが高い人でも就職できない人もいます。低学歴だからといっても大学を出ている人よりも欲しい人材だと思われれば内定をもらえる可能性はグンと上がります。

☆学歴よりもスキル

学歴は全く関係のないことだとは言い切れませんが、今は意味のない学歴よりもどのような能力を持っているかが重要になります。

「どのような経験をしてきたか?」
「どのような仕事してきたか?」
「どのような事を学んで身につけたか?」
「どのような実績があるか?」
「そのスキルがこの会社で必要か?」

このように、何も知らない人よりも多くの経験をしてきた人の方がスキルは高いです。

〜比較してみよう〜

例えば、二人の就活生がいるとします。
A君は、大学は私立の大学に入り、親もあまり金銭には余裕がないため毎日のようにアルバイトをして生活費や学費を自分で稼いでいました。もちろん、勉強も出来るだけしてある程度の知識はあります。

B君は、国立の大学で優秀な成績を収めています。
基本的には、学費や生活費は親が支援してくれアルバイトを経験した事は無く、その分勉強に集中してしっかりと様々な分野を学びました。

もし、貴方ならどちらの就活生を取りますか?
私ならA君を取ります。
なぜかというと、知識は確かに必要ですが、専門職以外はあまり学んできた知識は生かせません。
それよりも、アルバイトなど様々な経験をして「コミュニケーション能力」を高め、「お金を稼ぐこと」の意味をきちんと理解出来ている方の方が仕事に対する意味をしっかりも理解出来ていると思います。

厳しい言葉かもしれませんが、知識、過去の栄光は今はほとんどただのアピールにしか過ぎません。
今はすぐに仕事を辞める方も増えているので、スキルが高く仕事への意欲が伝われば内定をもらえる可能性は高くなります。

次に、スキルを高め自分をしっかりとアピールするために、どのような対策が必要かをご紹介させて頂きます。

②低学歴でも経験をしっかりアピールしよう!対策とは?

どんなに低学歴でもスキルが他の方よりもずば抜けていれば勝負が出来ます。

☆様々な事を経験する

様々な事とは、アルバイトであったりボランティア、サークル、行事によって多くの事を学べます。
学ぶことによりコミュニケーション能力、適応力、お金を稼ぐ意欲、効率性等、全てを向上させる事が出来て、自分はどのような仕事が向いているのか、自分の力を発揮できるかどうかをしっかりと見極める事が出来ます。

☆最終面接

どんなにスキルが高くても、最終面接まで辿り着けなければ、自分の全てを企業に見てもらうことは出来ません。
基本的な学力と基本的な質問への応答が無ければ、辿り着く前に落ちてしまう可能性があり。
最終面接まで行くことを目標として、基本的知識をしっかりと学びまずは最初の難関をクリアしましょう。

③まとめ

どんなに、難しい難関でも必ずクリアする道のりはあります。専門職やコネでしか入れない企業に関しては最初から就活の視野にいれなくても良いと思います。

大きな知識の差や最終学歴が劣っていても今はそんな事は関係ありませんのでしっかりと自信を持ちましょう。誰にも負けないとか強い信念をもつことはあまりせずに自分を理解できるように自分の心と会話をしましょう。

実際に、低学歴でも一般企業よりも優良企業に就職できている方も現在は多くいらっしゃいます。
低学歴で悩んでる方は学力を伸ばそうというわけではなく、いかに自分をよく見せるかという事を大切にして下さい。

転職サイトと転職エージェントとは?

転職サイト

転職サイトと転職エージェントの違いを把握しておきましょう。転職サイトはハローワークにない独自の求人を見つける事が出来るのが一番のポイントです。予め希望職種や業種を登録しておく事で、それらに合った求人が掲載されればお知らせしてくれます。

プロフィールなど登録しておけば企業からのオファーも届くようになります。この段階では企業側に名前が知られる事もなく匿名なので安心して利用できます。

就職活動を始めるならまずは一つ転職サイトに登録してみるとよいでしょう。

転職エージェント

転職エージェントも転職支援ですが、違う点は転職活動の味方が出来る事でしょう。転職コンサルタントの方と面談をし私たちのプロフィールや希望職種、条件などを伝える事で、その条件で尚且つ合格可能範囲の求人を紹介してくれます。

そしてその企業に合った書類対策や面接対策を一緒に考えてくれるのも魅力でしょう。社会人としての常識やスキルが身についてない方は一度利用してみれば、就活の考え方や行動の仕方のコツが掴めるでしょう。

人気の転職サイト・転職エージェント

リクナビNEXT

リクナビNEXTはリクルートが運営する転職サイトの最大手。

「転職サイトは転職者のみ」と思いがちだが、大手企業から零細企業まで求人数が豊富なので職歴がなくても登録可能。履歴書や転職希望条件を匿名で登録しておくと、興味を持った企業やエージェントからオファーも届くので、就職活動を始めるならまず最初に利用してみよう。

ハタラクティブ

ハタラクティブも既卒やフリーターを対象とした数少ない就職支援サービスです。

個別面談を受ける事で、貴方に合った仕事を導きだし、企業への紹介、面接日の調整、必要種類の書き方、面接対策など、就職活動に必要な全ての手助けをしてくれます。登録者の内定率は約80%。

初めて就職活動をする方は履歴書の書き方も面接対策も自分でする方がほとんどだと思います。しかしそれで採用が決まらない方、いつも書類選考で落とされる方は対策の仕方やアピールの仕方が間違っている可能性があります。そういった基本的な事を教わるだけで内定率は上がります。

20代で東京・埼玉・千葉・神奈川など関東圏在住の方は是非活用してみましょう。

20代の既卒・フリーター・第二新卒の就職支援ならジェイック。

既卒・フリーター・第二新卒の就職支援JAICは20代既卒の救世主ともいえる注目の就職支援サービスです。

転職支援サービスや人材紹介会社など転職エージェントと呼ばれるものは基本的に「転職者」を対象としており、既卒やフリーターなど職歴がない方は利用する事が出来ません。登録できても紹介する案件がなく無駄に終わる事が多いのです。

しかしジエィックは既卒やフリーター向けに作られた就職支援サービスですので有効利用する事が出来ます。更に注目すべき点は未経験者の登録者が多数にも関わらず、就職率が80%、就職後の定着率は90%と驚異的な数字を誇る事です。それは、ただ内定が決まればいいとは考えておらず、入社後の定着をゴールと考えているからでしょう。

利用方法は、まず説明会に参加します。そこで就職活動に対する考え方や進め方、既卒が採用を手にする為の秘訣など様々な話を聞く事ができます。説明会を聞きJAICのサービスを受けてみたいと感じたら、個別就職相談を受け貴方に適した企業を紹介してもらいましょう。ビジネスマナーや面接のコツなど就活スキルを教示してもらう事も出来ます。

説明会にはまだ職種も考えていない方も多く参加されており、途中退室も可能ですので気軽に出席してみましょう。

 - ニートから正社員