ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

面接の質問はこう答える!回答例をご紹介!!

      2015/06/15

青空のビル
今回は、面接で中々結果を残せない方に質問に対してどのように答えるのがベストなのか、説明も含めながらご紹介させて頂きます。

〜質問例〜
①「貴方の長所と短所は?」
②「なぜこの会社を選んだの?」
③「親を大切にしていますか?」
④「自己PRをお願いします。」

今回は、この四つの質問例に対しての回答例をご紹介致します。

面接の質問と回答例

☆貴方の長所と短所は?

✳︎回答例
「はい。まず私の長所は人と気兼ねなく話すことが出来ます。幼い頃から人と話すのが好きで初めて会う人でも私から積極的に話かける事が出来ます。短所は、悪い意味で責任感が強いという事です。悩みある時、自分の事を真っ先に解決しなければいけないのに友人や家族など悩んでいる人がいたら自分の事を後にして他の人の悩みを解決しようと行動してしまいます。この短所は、責任感が強い事で自分自身で様々な事を抱える事も多くなるので一人で考え込んでしまうのが一番のデメリットです」

〜解説〜
この長所と短所を聞かれた時のポイントは「短所」です。
簡単に言うと、短所も長所にする言い方を心がけましょう。

「責任感」という言葉を出すことによってダメな部分はあるが、人のために行動できるスキルが十分にあると面接官に伝わります。しかし、あまり褒めすぎることはせずにきちんと短所であるという根拠が必要になります。

☆なぜこの会社を選んだの?

✳︎回答例
「はい。私は人と話すのが好きで常に人と触れ合える仕事を探してました。様々なお仕事はありましたが、自分の力を十分に発揮できると思った所が御社です。
御社の社風にあるように人と関わり信頼を深める事を第一に考えており、しっかりとした環境で社員一人一人が目的を果たせる御社であれば私自身の夢である信頼される営業スタッフになれる、コミュニケーションのスキルを向上できると思ったからです」

〜解説〜
なぜ?と聞かれているので一番最初に答えを言ってしまいます。
そして、その企業のどこが魅力なのか?他の企業とどこが違うのか?企業は何を大切にしているのか?を明白にし自分のやりたい仕事としっかりマッチしているという事を解答出来るように心がけましょう。

このような解答をすること面接官は自分の会社の事を理解している、ここで働きたいという意思を伝えようとしてくれていると貴方の強い気持ちに引き込める事が出来ます。

☆親を大切にしていますか?

✳︎回答例
「いいえ。大切にしてきたとはまだ言えません。私は今日に至るまで親には常に励まされ、影ながら支えらてもらい、唯一の理解者でいてくれました。
気持ち的には大切にしてきたつもりですが、支えられた事が多くあるのでこれからしっかりと働いている姿を見せて親孝行が出来た時に大切にしてきたと言えると思っているので、これからだと思っております」

〜解説〜
このような、簡単な質問をしてくる事もごく稀にあります。
しかし、今回は敢えて「いいえ」と答えました。
何故だと思いますか?

他の面接を受けにくるライバル達も「はい」と答える確率が高いからです。
他の人と同じ解答では魅力が見出されません。
今回のように敢えて「いいえ」と答え、常に親に感謝をしている気持ちを伝えながらもまだ大切にしていると言える立場ではないと割り切る事で親を大切にしている気持ちと社会人としての自覚をきちんと持っていると良い印象を与える事が出来ます。

☆自己PRをして下さい

✳︎回答例
「はい。私は長所でもお話したように人と気兼ねなく話せます。これは、他の人よりも優れている自信があります。
その理由は、自分自身で生活費と学費を稼ぐために様々なアルバイトをしてきました。
スーパーマーケット、飲食店、派遣のアルバイトを経験し、仕事仲間や多くのお客様と話す機会もありコミュニケーション能力を常に高める事ができ、実際に飲食店ではアルバイトのリーダーとしてまとめ役を任されていました。
そこから人と関わり感謝され、信頼される事が私にとって仕事のやりがいだと思っております。
今私が持っているスキル能力を御社で発揮して、更にスキル向上のために日々成長させて頂きたいと思っております。よろしくお願い致します」

〜解説〜
自己PRは、上手く完結にまとめてここだけは他の人には負けないという事を説明しなければいけません。
中々、難しい事かもしれませんが大事なポイントは、「絶対に負けないこと」「この会社でこの能力を生かせる」「経験と実績」をしっかりと伝える事です。

絶対に負けないと思う理由は経験と実績から話せますし、この会社で能力を生かせる理由はその企業の社風、環境、仕事内容を把握する事により繋ぎ合わせる事が出来ます。
まずは、ポイント部分を紙に書いてそこから文章と組み合わせていくと自分のアピールしたい部分を明白にする事が出来ます。

 - ニート就職