ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

高学歴でもニート?辛い就活の現状!

      2015/06/15

みなも
この世の中を一言で現すとすれば不況という言葉しか思い浮かびません。その中でも今苦しんでいるのは就職氷河期と言われている学生の方々ややりたい仕事に何度も挑戦しているが全く採用されない方です。今回は、高学歴でもニート生活をしている要因についてご紹介させて頂きます。

高学歴でもニートに

①要因その1 不況

先程ご紹介させて頂いたように、最初の要因は不況の影響です。仕事をしたくても見つからない、国立の大学を出ても就職先が無いのは不況で募集している企業が少ないからです。どんなにやりたい仕事がしたくてもその壁は大きく、就職難であるためとりあえず内定をもらった企業に行く方が年々多くなっています。

〜離職率〜

意外にも、入社してからすぐにその会社を辞める方に高学歴の方は少なくありません。その理由は、やはり高学歴という事もありますが、ある程度の自信を持ち、やりたい仕事を見つけたのにも関わらずなぜ自分は今こんな仕事をしているんだろうと思ってしまうようです。

「周りは優良企業に務めているのに、自分は一般企業で給料も差がある。」等とどうしても周りと比べてしまいます。そのような胸中の中で仕事内容が合わなかったり、トラブルがあったりするとすぐに辞めようと決断をしてしまいがちなります。

不況の世の中でしょうがない事なのかもしれませんが、高学歴の方でニートになってしまい方も増えてきているのが現状です。

②要因その2 採用基準

現代では、女性が仕事で活躍する事も増えてきており企業側も女性の募集やスキルの高い人等、過去と採用基準を変えて募集をしています。高学歴でも中々採用されずにそのままニート生活になってしまう方が出て来ています。

〜採用基準〜

高学歴であれば、就職に断然有利だと思っている方がいると思いますが現在は全くそんな事はありません。高学歴の方ではなく、高学歴ではない方を採用する事もあります。それは何故かと言うと、現代は即戦力を求めているからです。高学歴でスキルが高く、人材も優れていたら採用される可能性は高くなると思いますが、ただの高学歴だけでは少ししかプラス要因にはなりません。

✴︎如何にこの会社で能力を発揮出来るかが重要になります。

例を上げると

A.アルバイトはせずに、目標に向かって勉学に励み優秀な成績を収めました。

B.勉学はあまり得意ではありませんが、様々なアルバイトをして経験を積んできました。

この2人を比べても、仕事をする上でのスキルが高いのはBの方です。このスキルの違いが、高学歴の方を苦しめている1つの要因でもあります。しかし、高学歴だからこそ力を発揮出来る事もあります。専門知識を磨き、有効的な資格を取得したり国家試験を受ける事は高学歴の方の方が断然有利であり、大きなプラス要因でもあります。

現代の採用基準を把握して、今自分がすべき事を1度見直す事が必要になってきていると思います。

③要因 その3 夢を諦めきれない

〜就職浪人〜

なりたい職業ある方はその仕事が出来るように必死に勉学に取り組み、資格を取得して就職活動に挑みます。特に国家資格や専門職であればある程、その夢を掴みたいという思いも強いと思います。その年に試験に合格出来なかったり、内定を貰えなかった方は一般的に就職浪人と言われているように諦めずにもう1度挑戦を試みますが、また内定を貰う事が出来なかった。このように、失敗を繰り返す事で高学歴の方程夢を掴むまで諦める事が出来なくなります。

夢を諦めない事は大切な事ですが、仕事をしてないという事が前提になり、アルバイトをしながらであれば別ですがとにかく内定を貰うまで勉学に取り組む方もいらっしゃいます。しかし、その夢を掴めないまま時は過ぎて気付いた時には年齢も過ぎています。その夢を捨てきれない事が高学歴の方がニートになってしまう大きな要因と言えます。

④まとめ

高学歴の人程、魅力が大きい事は確かですが、後はそれをどのように生かすかはその人次第です。即戦力と思われるような人材になるためにどのようなスキルが必要かもう1度考え、ニート生活をしないように対策をしましょう。又、給料が低いから、周りが優良企業だからという考えはもう捨てる勇気も必要です。仕事に就くという事だけでも難しい世の中なので入社した会社の戦力として力を発揮し周りに引けを取らない活躍をしましょう。

 - 高学歴ニート