ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

履歴書と職務履歴書の書き方についてご紹介

   

勉強

募集企業に応募する場合は、書類選考として必ず履歴書や職務履歴書を送らなければいけません。履歴書でこの人と会ってみたいと思わせる唯一の手段です。今回は企業に応募したいけど履歴書と職務履歴書の書き方が分からないという方へ、それぞれの書き方についてご紹介させて頂きます。

①履歴書の書き方

履歴書を書く際に気を付けなければいけないのは、殴り書きにしたりせず、字を間違えた場合は修正ペンは使用せずに新しく書き直しましょう。

〜日付 名前 〜

日付は提出する日を書いて提出するものです。しかし、郵送ではなく持ち込みの場合は当日の日付を書いて下さい。名前は、苗字と名の部分にスペースを入れてバランス良く見せるようにしましょう。

〜住所 電話番号〜

住所は、郵便番号も必須で都道府県から必ず書くようにして下さい。電話番号は、自宅の電話番号だけでは無く携帯番号も書いて下さい。アパート等で固定電話が無い場合は携帯番号だけでも可です。

〜学歴 職歴〜

学歴に関しては、高校までは卒業のみを書いて、大学から入学から卒業までを書くようにして下さい。職歴の部分は必ず、入社から退社歴まで書く事が必須です。全ての学歴と職歴の記載が終わったらその下の段に右詰めで以上と書いて終了です。

〜資格〜

なにかしらの資格を取得しているのであれば、運転免許証も含めて全て記載して下さい。ここで注意して頂きたいのはその資格の正式名称を記載しなければならないのでしっかりと調べてから書いて下さい。

〜自己PR〜

必ず自己PRは、面接の際にも聞かれるので自分の強みや会社で役立てる点を明確に且つ簡潔に書いて下さい。明確に且つ簡潔に書くのは難しいかもしれませんが、自分の強みやポイントを箇条書きで一度ノート等に書いてみると文章は浮かびやすくなります。

〜志望動機〜

志望動機は、他にも様々な会社がある中で何故この会社を選んだのかを明確に書いて下さい。その社風や環境等を下調べする事が必要です。

〜通勤時間 配偶者有無〜

通勤時間は、自宅から会社まで最短でかかる時間を書いて下さい。配偶者の有無に関しては、チェック項目があるはずなのでどちらかにチェックを入れて下さい。

〜本人希望欄〜

主に、希望する部署や勤務地等を書いて下さい。以上のものが履歴書の書き方の基本です。

②職務履歴書の書き方

職務履歴書は、主に企業側が求める実務能力を持っているか、仕事に意欲があるか、信頼できるかどうかを見極め際に必要なものです。そして、職務履歴書の書き方には2種類の書き方があります。

〜編年体形式〜

編年体形式は時系列に沿って、その時の業務内容をまとめていき、職務についての習熟度を企業側に上手く伝える事が出来ます。

☆その1 見出し

必ず左側に見出しを記載する部分があるので編年体形式の場合は、そこに入社や配属等、業務経験をした年月を書きます。

☆その2 配属 職務

配属先を明確に記載して、そこでの実績や評価等を簡潔に書きます。その事により昇進や昇格があったのであればその事も書くようにして下さい。

☆その3 業務内容

業務内容と資格の取得や社内外での表彰までを簡潔に相手に分かりやすいように書いて下さい。自己アピールをするポイント箇所です。

〜キャリア形式〜

もうひとつの形式がキャリア形式と言われるもので、職務経験や職務内容をプロジェクト単位でまとめるものであり、特に技術職や専門分野の仕事をしている方に向いている形式です。

☆その1 期間

そのプロジェクトに携わった期間を明確に記載して下さい。

☆その2 プロジェクトの内容

内容だけではなく、実績や会社からの評価等を詳しく記載する事でそのプロジェクトの重要性と貴方の業務知識を伝える事が出来ます。

☆その3 環境 言語

使用言語やOS、取得資格等をアピールしましょう。又、セミナー受講歴や表彰経験がある方はそれも書くようにして下さい。

☆その4 プロジェクトでの役割

貴方がそのプロジェクトでどのような役割をしたのか、どのくらいの人数で行ったのかを記載して自分が全うした役割の重要性をアピールできるように明確に書いて下さい。その事により、貴方の技術力やコミュニケーション能力を伝える事が出来ます。

以上のものが職務履歴書の書き方です。

 - ニートから正社員