ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

ニートから工場関係の仕事!工場も不向き?

      2015/09/02

工場
一度ニート生活にどっぷり浸かってしまうと抜け出す可能性はまだまだ少ない状況です。どのような仕事に対しても興味が無くなってしまい、心では分かっていても身体が動こうとしません。

社会復帰しようと頑張る決心をした方でも出来るだけ楽そうな仕事を選びたいのが本音です。そして多くの人が選択するのが工場関係の仕事です。

しかし工場関係の仕事も簡単なものではありません。今回はニートの方が工場関係の仕事を選ぶ理由と不向きについてご紹介させて頂きます。

①ニートが工場関係の仕事を選ぶ理由

ニートが工場関係を選ぶ理由として最初に挙げられるのは「コミュニケーション能力が必要ない」と思っている点です。

〜コミュニケーション能力〜

ニート生活をしている方の大半は人と話すことを苦手としています。親しくない人と会話しようものなら、鼓動が早くなりパニックになってしまう方も多くいらっしゃいます。

工場関係の仕事は朝の朝礼や基本的な挨拶、仕事内容の確認以外は流れ作業で行えることが多いので、自分だけの時間を過ごす事が出来ます。

例えば食品関係なら、食品の包装を流れ作業で行い、決まった時間に休憩を取り、時間が経ったら帰宅するという仕事内容です。あまり人と会話せずに済みます。

人とコミュニケーションをとる必要性があまり無くニートをしている方にとっては気持ち的に楽だと感じるようです。

〜責任能力〜

人には失敗が付き物です。しかしニートの方にとっては失敗して怒られることが相当なダメージとなります。ネガティブな思考になってしまい、仕事に集中出来なくなってしまいます。

ニート生活により忍耐力が低下しているので、このような状況を嫌うのです。

その点工場関係の仕事なら大きなミスを犯すことはあまりありません。上司から責任追求される可能性が低いでしょう。

さすがに工場全体に影響するトラブルを引き起こしてしまうと責任追求はありますが、自分がミスをしたとしても誰かしらがミスをカバーしてくれる環境ですので、責任能力をあまり持たないまま仕事が出来るという考えを持ちやすいです。

②工場関係の仕事の不向き

〜集中力〜

貴方は集中力に自信はありますか?工場関係の仕事で最も必要なのが集中力です。流れ作業の仕事は時間との戦い、集中力が続かなければ作業も適当になってしまいミスも多くなってしまいます。

一番きついのは「時間が過ぎない」でしょう。楽しいことならすぐに時間は過ぎますが、同じ作業をただただ繰り返すのは思っている以上に時間が過ぎるのが遅いです。毎日繰り返すことで憂鬱になってしまいます。

前述の通り、ニート生活に浸かっていた方は忍耐力があまりありませんので、集中力が切れやすく仕事を苦痛に感じる方が多いです。

「飽き性」「面倒臭がり」「短気」。このような項目に当てはまる性格の方は、基本的に工場の流れ作業の仕事には向いていません。

〜夜勤〜

工場関係の仕事は日中だけの仕事ではありません。中には日勤、夜勤と別れていて夜中から働かなければいけない日もあるので、生活リズムが崩れやすいです。

慣れてしまえばそれ程気になりませんが、初めの内は夜勤と日勤の繰り返しに上手く生活リズムを作ることが出来ず、仕事が嫌になってしまう方が多くいらっしゃいます。

「夜中に仕事をしたくない」「自己管理できない」「寝坊を良くする」。このような項目に当てはまる方は夜勤がある仕事には向いていません。

〜コミュニケーション〜

一番初めにコミュニケーションが必要のない仕事と思われているとご紹介させて頂きましたが、実はコミュニケーションを必要としない仕事はほとんどありません。

工場での仕事でもそれは例外ではなく、運送、流れ作業、包装等ほとんどが連携作業ですので、仲間とのコミュニケーションが絶対に必要になってきます。

また作業中は喋る時間が少なくても休み時間のコミュニケーションは必要です。

全ての工場がそんなところではありませんが、嫌な同僚が喧嘩をふっかけてきたり、不必要な文句を言ってくることは他の仕事に比べると圧倒的に多いです。

そうして仕事を辞めていく方が何人もおられます。自分の成長の為に怒ってくれる上司なら腹もたちませんが、ただただ文句を言ってくる相手に我慢できるでしょうか?

先程も書いた通り、全てがそんな工場ばかりではありませんが、ある程度気の強さは必要です。

いじめがない職場でもコミュニケーションの伝達がうまくいかないと仕事に影響が出てしまいます。ですから、工場=コミュニケーションがいらないと考えるのはやめましょう。

もしコミュニケーションに苦手意識を感じるなら、自分が自信のある仕事、もしくはがむしゃらに頑張れる仕事を選ぶ方がよいです。

どんな仕事でもコミュニケーションは必要になりますが、得意な仕事だったり、がむしゃらに頑張っていれば周囲と馴染むのが苦手でも認めてくれる可能性があります。

あの人はしっかりしていると思わせることができます。作業自体を魅力に感じなければそれは難しいので、興味のある仕事に挑戦しましょう。

もちろん工場に興味があれば工場で一生懸命働きましょう。

 - ニート就職