ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

ニート脱出のきっかけ。先輩ニートに学ぼう。

      2015/09/01

ニート脱出のきっかけ。先輩ニートに学ぶ。
「いつまでもニート生活は続けられないよなぁ・・・」

「出来るならニート生活から脱出したい!」

誰しも少なからずそう感じているでしょう。好き好んでニートになったにしろ、そうでないにしろ、いつかはニート生活を終えなければなりません。

それは生活費を稼がなければ生きていけないからです。

資産を持っていて働く必要がない方はそのままでも構いませんが(それでも社会とは接しておいた方がよいです)それ以外の方は時間が経つ程深刻になってきます。

ではどうすればニートを脱出できるのか?
今回はその「きっかけ」となるものに迫りたいと思います。

ニート脱出のきっかけ

ニートは年々増加傾向にあります。しかし経験した者が多いということはニートを脱出した者も多いのです。

昔なら一度ニートになってしまったらどう対応してよいか分からなかったかもしれません。でも今は脱出した者も多く、調べれば経験談がたくさん見られます。

「脱出するきっかけ」はニートを脱出した先輩達に教わるのが一番です。先輩達が脱出したきっかけはなんだったか聞く、知り合いにそういった方がいないなら本読んでみる、サイトを読んでみる。

そうすれば糸口が見つかります。

ここで注意したいのが経験者の意見をきくこと。

世の中のニート関連の書籍は、ニート経験がない方が書いているケースが大半ですので、ニートの感情や考えを理解していません。自分に不釣合いで当然なんです。やはり経験者でないと説得力がありません

何かを止める

脱出したきっかけには様々な種類があります。ただ全てに共通する一番のポイントは意識を変える事でしょう。

自分の意識や考えを変えると、行動が変わります。何かを始めるのも行動ですし何かを止めるのも行動です。行動が変わると時間の流れが変わります。今まで送っていた時間の流れ方に変化が訪れます。

時間の流れ方に変化が加われば環境が変化します。環境が変化すれば周りの人が変わり、周りの人が変われば自分の性格も変わります。そこまでいけばニートからは脱出しているでしょう。

なので最初は意識を変える、もしくは何かを止めるのを意識しましょう。

例えば一日の内8時間をゲームに費やしているとしたなら、その間の4時間ゲームをやめてみましょう。何かを止めると自ずと暇や隙間が生まれます。

そうすれば次は何かを始めます。それがテレビや漫画など娯楽で埋めてしまうとあまり意味がないのですが、今まで見ていた景色は変わるので最悪それでも構いません。

今まで毎日やっていた事を止め、新しい事をするのですから最初はストレスに感じると思います。嫌になって3日で元に戻ってしまうかもしれません。でも頑張って1週間やめることを続けてみましょう。

人間は新しいものを取り入れることに本能で抵抗します。動揺や不安を起こさないよう安定を求めるんです。

しかし人間の順応能力も素晴らしいもので、1週間もしくは1ヶ月続けていると体が受け入れ自然になります。自然になればストレスを感じる事はなくなります。当たり前になるんです。

先輩達のきっかけ 一例

では先輩達がニートから脱出したきっかけとなんだったのか、ほんの一例を見てみましょう。

親が亡くなる、または亡くなった時の恐怖を味わう

ニートを脱出するきっかけに多いのが、親が亡くなる、あるいは、親が病気になり働かざるをえなくなる時です。その時を想像し恐怖で働き始めるという方も多いです。

もし本当にそうなってしまってから就職活動をしても年齢的に遅いかもしれません。仕事はあるかもしれませんが選択肢がかなり限られてきます。

空白期間が短い程良いのは当然です。出来るなら最悪の事態が起こる前に動き出しましょう。

誰かのために

親の為、彼氏彼女の為に働きだす方は多いです。

もちろん全ては自分の為ですが、親の介護や交際相手との結婚を考えるならば働かざるをえません。自分一人ならどうでもいいと思えますが誰かの顔を浮かべたらそうも言ってられなくなったという方は多いです。

今まではニートだったけど彼女に子供ができたので正社員として働きだしたという方も非常に多いです。

お金がなくなる

貯金がなくなった。家計が苦しくなった。

「お金がなくなるかもしれない」くらいじゃ筋金入りのニートの方は動きませんが、無くなってしまえば動くしかありません。選択肢がそれしか残されていないのです。

中には電気やガスが止められても真っ暗な部屋の中で静かに暮らすという強者もおられますが、食べるものが一切なくなった段階でさすがに働きだされました。

出会い

出会いをきっかけにして変わる方もおられます。異性との出会いや交際、人との出会い色々あります。ニートだから出会いなんてほとんど無いと思われるでしょうが、出会いは目の前にいる人だけとは限りません。

本を通して著者の考えを知るのも出会いです。実際1冊の本との出合いで意識が変わり働きだしたという方も数多くおられます。

出会いは向こうからは中々やってきません。自分から積極的に出会いにいくのもよいでしょう。

私利私欲

私利私欲がきっかけになる事もあります。

あれが欲しいこれを手に入れたい、なんだって構いません。その欲を満たすにはとにかくお金が必要になるケースです。

特に男性は基本的にオタク気質で、インドアにしろアウトドアにしろ趣味にお金をかける方は多いです。欲しいものを手に入れる為に働く方もおられます。

いつまでたっても浪費しているようでは意味ありませんが、これが脱出するきっかけになれば問題ないですね。

言い訳に就活を使う

自分はただのニートではない、就職活動中なんだと言い訳のために転職サイトに登録したり、ハローワークに通ってた方もおられます。

ただ始めは言い訳の為だけのものだったのが、何処かのタイミングで「応募もしてみようかな」と具体性が出てきます。もしそう思わなくても登録するのはタダですから損はありません。

何も考えず求人情報に目を通すだけでも一つの行動です。今はやる気はなくてもそれが結果的にきっかけになる事はあります。

 - ニート脱出きっかけ