ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

家を追い出されたら。家族の気持ちと生活していく方法

   

もし家を追い出されたら

公園

「環境を変える」もしくは「楽しいと思える仕事を見つける」。そうでもしない限りニートの方が働く事は難しいでしょう。そのような話をしました。

しかし今回は自ら意図せずに環境を変えさせられた場合です。つまり自身の希望で家を出ていった訳ではなく、親や家族から家を追い出されてしまった。もしくは追い出される予定の方です。

自身の為に

準備どころか「家を出る」なんて、貴方は一度も考えた事がないかもしれません。働こうという気さえなかったかもしれません。しかし人間誰しもいつかは働かないといけません。

前回も書きましたが、年齢を重ねれば重ねる程、仕事の選択肢は減っていきます。どうせいつかは働かないといけないのに30代や40代を越えると仕事内容を選べないんです。狭い範囲の中から適職を選ばないといけなくなります。

豊富な職業の中からなら、自分に合った職業や出来そうな職業は選べるかもしれません。しかし狭められた範囲の中から選ぶ事は出来るでしょうか?その中には「汚い、きつい、危険」など、所謂3Kと呼ばれるものも入ってくるかもしれません。社会保険がまともにない会社もありえます。

結局後で苦労するか、今の可能性にかけるかなんです。

しかしそうと頭では分かっていても動きだせないのが普通です。それは非日常なものを取り込まず、習慣に安心する特性を人間は持っているからです。なのでほとんどの人が分かっていながら動けません。その事に対し自分に絶望する必要も落ち込む必要もありません。

そう考えると「家を追い出される」という事はチャンスでもあり、自身の為に良かったという気になりませんか?鬱のような心の病気でない限り、働かないといけない環境に身を置く事が一番手っ取り早いです。それを周りがやってくれたのですから、「相談もなしに決められた」と怒る気持ちは抑え、感謝してもよいでしょう。

家族の方も貴方が家にいるのが面倒だから外へ追いやってる訳ではありません。心から将来を考えてくれているんです。そんなお節介をしてくれるのは家族だけですし、その気持ちを受け入れましょう。

追い出されたので働く。目の前のお金とアルバイト

さて家を追い出されてまず一番に困るのはやはりお金でしょう。

最低でも衣食住は確保しなければなりません。住んでいる地域やどれくらいのレベルで生活をするかによって変わってきますが、月10万円あれば一般的な一人暮らしは出来ます。節約すればもっと安くすむでしょう。

まずはそのお金を稼がなければなりません。来月の月末まで余裕がない場合は、派遣など日雇い労働でお金を貯めましょう。本当ならば長期で働くべきですが、家賃も払えない、食べる事もできない状況でしたら仕方がありません。または住み込みで働ける会社や寮がある企業を見つけるという方法もあります。それなら家賃はほとんどかかりませんので、なんとかなるでしょう。

1ヶ月分だけ家族から援助をいただき、家を追い出される方もおられます。そういった場合は長期でのアルバイト、もしくは正社員として働きましょう。まだ20代前半であれば、アルバイトでも構いませんが、出来る事なら正社員として働いておく方がよいでしょう。

家を追い出され、考える時間もあまりないかもしれません、お金に余裕もなく選ぶ余裕もないかもしれません。ただ出来る限り「やりたい事」「出来る事」もしくは「続けられそうな事」をよく考え仕事を選択して下さい。今すぐその仕事に就けなくても、今後転職する時の為に今どんな仕事を選ぶべきか考えておくと尚良いです。

決まったら早速就職活動を開始しましょう。業種や雇用形態によって変わりますが、「スーツ」「革靴」「鞄」「履歴書」は面接で必要になりますので揃えておきましょう。

求人を見つける方法は転職サイト、ハローワーク、タウンワークやanなどアルバイト情報誌がおすすめです。

 - ニート就職