ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

今がニートでも結婚出来る。まずは目の前にある事から

   

結婚式場

ニートから結婚までの道のり

就活に成功しニート生活から抜け出す事ができたら。

次に結婚を考える方もいるでしょう。女性ならすでに焦り始めているかもしれません。しかし、ニートの自分が結婚なんて出来る筈がない!と考える方は男性女性関わらず非常に多いです。

何故そう思うのでしょう?一時期ニートだった方で結婚した方はたくさんおられます。結婚できない可能性があるとすれば、ニート状態を脱出してないからです。今のままだから想像できないだけで、正社員として働けば空白期間が長くても関係ありません。もし結婚できないなら別の理由です。なので心配はいりません。

就活時から結婚の事を考えすぎない

結婚生活を前提に仕事を選んではいけない

ですので、ひとつだけ注意して下さい。
まずは目の前にある事だけを考えましょう。結婚を仕事の条件に加えて就職活動をすると凄く時間がかかります

「○○業界には良い相手がいなさそう・・・」
「出会いがなさそう」
「結婚後家族サービスの時間が取れなさそう」
「この給与では結婚して子供産むのは無理かも・・・」
「もっと給与が高い企業を選ばないと!」

そうやって業種・職種・就職先を絞り込んではいけません。もちろん「ある程度」なら構いません。どのような業界に就職し、スキルを身につけ、年収をあげていくのか。その様なキャリアプランは絶対に必要です。

しかし入社してすぐに全ての希望条件を叶えてくれる会社を選ぶのは難しいでしょう。年齢若い、空白期間少し、スキルあり、実務経験ありの方なら可能性はあります。

ただスキル無し、職歴なし、アラサーの方の場合は何処かで妥協が必要です。最初の給料は新卒と同じと考えていいでしょう。例え年齢を考慮すると求人募集が出ていても、面接で変更されるのが関の山です。

それは当たり前で、何のスキルも持っていない新卒と、何のスキルも持っていない年齢だけを重ねた既卒は、企業にとってみれば全く一緒の労働者だからです。リスク面で考えるとむしろ既卒の方が危険です。

つまり年齢はいくつであれ、22才前後と同じスタートという事です。

じゃあ結婚なんて出来ないじゃないかと思われるかもしれませんが、若いカップルで子供ができて結婚をした方は五万といます。貴方の同級生やアルバイト先にも一人くらいはいた事でしょう。

その年齢でも結婚して子供を育てる事は不可能ではありません。貴方が男性であれ女性であれ、一人で稼ぐ必要はありません。共働きという方法もあるでしょう。体力的には大変ですが、アルバイトや副業をすれば多少余裕のある生活も出来ます。徐々に本業の方も昇級していくでしょう。

育てられるかも分からないのに無責任に子供を産むのは問題ありです。ただ本気でやれば新卒レベルのスタートでも家庭を持つ事は可能です。

だからこそ結婚を軸に会社選びをしたり目先の給与だけで就職先を決めないようにしましょう。

5年後、10年後に自分はどうなっていたいのか。それは結婚して家庭を持ち安定した生活を送りたいという希望でもよいです。そしてそれを実現させる為には今どんな仕事を選びどんなスキルをつけたいのかを考えるべきでしょう。

自分のやりたい仕事、合う仕事、出来る仕事、続けられる仕事で選ぶ

もっと言えば、やりたい仕事や興味のある仕事を選ぶのがよいでしょう。就職しても自分は社交性がないので出会いもなければ結婚にも向いてないとお考えの方もいるかもしれませんが、そういう方こそ自分に自信の持てる仕事をする事で変わります。

自信のある人、そして結果を出す人には誰かが寄ってきます。それが異性とは限りませんが、同姓であっても社交の場は広がります。そうする事で最終的に交際相手が出来る事もあるでしょう。

また、結婚だけを考えて仕事を選ぶより、例え給料が少しくらい安くても、続けられそうな仕事を選ぶ方が結果的によいです。空白期間が長ければ長い程、転職は厳しくなります。入社してみたものの自分に合わないからと言ってすぐに辞めてしまうようでは何処にも入社できなくなります。

お金をたくさん稼げる仕事を選ばないと!と今からあれこれ考えても仕方がありませんし、その行為はむしろ結婚を遠ざけています。選択肢が狭すぎて中々先に進む事ができません。ですからまずは目の前の就職する事に頭を向けましょう。

 - ニートから正社員