ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

「罪悪感に押しつぶされそう」就活への決意

   

今回は自分に対して強く罪悪感を抱えているUさんにインタビューをしました。

お祈りメールが届く

店内

ー 今日はよろしくお願い致します

「よろしくお願いします」

ー 現在採用選考中とお聞きしたのですが

「あ、それは・・・今朝お祈りのメールが届いてました」

ー そうだったのですね・・・。

「まぁ面接で厳しいだろなと思ってたのでそれほど落ち込んではいませんよ。ただもう1通書類審査中だったんですが、そっちもお祈りメールが届いて・・・。2通同じ日にくるとこたえますね。」

ー そうですか・・・。かれこれどのくらい応募されているんですか?

「今回の2件で35社くらい?ですかね」

ー 期間はどれくらいでしょうか?

「半年くらいかな?」

塗装業

ー 差し支えなければ経歴を教えていただけますでしょうか?

「はい。大学を卒業して塗装業の仕事をしていました。でも塗装業って雨の日に内勤の仕事がないとバラしになるんですよ。日給計算の会社だと給料が減るんですよね。」

ー 仕事が休みでももらえないんですか?

「貰える訳ないじゃないですか。いや貰える所もあるみたいですけど、うちはありませんでした。」

ー 梅雨とか大変じゃないですか?

「そうなんですよ。6月7月は休みが多くて、給料も安くて、これはきついなと思って辞めました。」

ー それは皆さん食えていけてるんですか?

「まぁ経験を積めば1回分の給料も上がりますしね。高校卒業後からやっている人も多いんで、そんなにお金が必要じゃない時に経験を積むってことですかね」

バーテンダー

ー なるほど。その後はどうされたんでしょうか?

「その後はバーテンのアルバイトをやりました」

ー すごい振り幅ですね。

「バーテンダーでカッコいいじゃないですか。昔から憧れてて。丁度近所に店があったんで頼みこんで。これは楽しかったですよ。色々教えてもらいましたし。お客さんも個性豊かな人ばかりで。とんでもなく強い医者とか」

ー とんでもなく強い医者ですか?

「サラリーマンが飲んでたカクテルをこぼしたんですけど、それがタチ悪そうな集団の方に飛んでったんです。かかったわけではないですよ。

それにそいつらがブチ切れて、おっさんに絡んだんですよ。で、金を巻き上げようとしてたんで、そろそろ止めに入ろうと僕が動きだしたら、それまで静かに飲んでた医者が急に外出ろ!って。でそいつら5人いたんですけど全員しめあげちゃったんです。

医者強っと思ってたら戻ってきてまた静かにお酒を飲みだして」

ー 漫画みたいな方ですね

「本当漫画読んでるみたいでした」

ニート時代

ー その仕事は続けられなかったんですか?

「それは店がつぶれちゃったんですよね。でそこから最低な時間が2年間ですね。」

ー 無職の時はどのように過ごされていたんでしょうか?

「ホントクズみたいな生活ですよ。朝から酒飲んでTVに向かって文句言って、10kgくらい太りましたね」

ー お金はどうやって工面されてたんでしょうか?

「今までの貯金と親ですね。」

ー 親は何も言いませんでしたか?

「そうですね。さすがに酒は隠れて飲んでましたけど。毎晩外のゴミ箱とかコンビニにビール缶捨てにいくっていう」

働く意欲を取り戻す

ー では何故働こうという気持ちになったんでしょうか?

「交通事故ですね」

ー 交通事故?

「いやそんな大したものじゃないんです。停車してる車に不注意でぶつかってしまったんですよ。相手の怪我もなくてよかったんですけど。で、事故ってどう対応していいか分かんないんで、とりあえず親父に電話したんです。

そしたら1時間の間におふくろやおじいちゃんや親戚からも電話かかってきて」

ー 大丈夫かって?

「そうですそうです。あとどう対処したらいいかを教えてくれました。その時はなにも思わなかったんですけど落ち着いた時に、俺一人じゃ事故の対処もできないのかーって落ち込んで。あと家族とか親戚にすげー恵まれているなって思って。

もうあんまり迷惑かけたくないなと思って就活しようって意識に変わりましたね」

ー 周りの温かさや自身が自立してなかったことに気付いたんですね

「そうなんです。でもなかなか採用されなくて、ずっと罪悪感です。クズみたいな生活を思い出すだけで嫌になります」

ー でも今前に進まれてるんだから問題ありませんよ

「親や周りにもそう言われるんですけど、言われれば言われる程落ち込むというか罪悪感に押しつぶされそうになります」

ー まずは自信をもつことも大事だと思いますよ。そういった態度が面接の時にも出てしまうかもしれませんし

「そうですかね・・・。まぁ前に向かいます」

ー では、ニート生活を経て学んだことがあればお願いします

「学んだことはないです。学ぶことがなにもないことを学びました。」

ー 本当に何もありませんか?

「そうですね、しいて言うなら周りの温かさを教えてもらえたことですね」

ー それは大きいことですよ。気付かないままの人もいますから

「そうですね・・・はい」

ー 分かりました。今日はありがとうございました。

「ありがとうございました」

 - ニート脱出きっかけ