ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

ニート・既卒の為の就職サイト

朝日

ニートからの脱出。既卒の就職活動

このサイトは、かつてニートだった方がいかにしてニートを脱出し、社会復帰できるようになったかをメインに、たくさんの「ニートからの就職活動」について触れています。

元ニートの方のインタビュー、現在無職の方のコラム、そしてそれらを参考に、より良いニート脱出の方法を徹底解説していきます。

「ニートからの脱出」と聞くと、現在ニート生活を送っている方にとってはハードルが高く感じるかもしれません。今さら自分が就職するなんて無理と思い込んでいるかもしれません。

しかし実際に行動してみると分かりますが、ニート脱出はそれ程難しいことではないのです。それはこのサイトで紹介している社会人として活躍中の先輩ニート達が証明しています。

悪い習慣から脱出し、正しい方法で行動すれば社会復帰は可能なのです。

悪い習慣から脱出する

就職活動の正しい方法は後半で解説しますが、とても簡単であり誰にでも出来ることなので心配はありません。

しかしその1つ前にある「悪い習慣から脱出する」ことには覚悟が必要なのです。

人間の1日の行動はほとんどが習慣で出来ています。

朝に起きる時間も習慣ですし、起きてから歯を磨くのも習慣、スマホを見ながら朝食を食べたり電車に乗るのも習慣です。友人から遊びの誘いを受け、行きたくないけど断れなかったという経験は誰もがあると思いますが、これも習慣の1つです。

「断ると悪い」と自動的に考える習慣を作っているのです。1日の行動は自分でその時考えているように見えますが、ほとんどは習慣が作り出している結果なのです。

だからこそ一度習慣が出来上がってしまうと、変えるのには相当なパワーが必要になります。就活するよう動くのにもパワーがいりますし、何もせず家にずっといる方にとっては家を出ることさえパワーがいるんです。

ですからいきなり就活と重く捉えず、まずは悪い習慣を1つ変えることを一番に考える必要があります。

自分を褒めてあげよう

悪い習慣をなくす為にいつもと違う行動を1つしましょう。そして1つ行動したら自分を誉めてあげましょう。どんな事でもかまいません。人によりレベルは変わります。

引きこもり生活をしている方なら外に出てみる事から。昼が怖ければ夜でも構いません。毎日遊んでいる無職の方や正社員希望のフリーターの方なら、ハローワークに行ってみるか転職サイトに登録しましょう。

とにかく一つ、いつもの習慣から外れて行動します。そして行動したら誉める。これを繰り替えましょう。不思議なものでこれを繰り返せばいつの間にか就職活動は終わっています。ニートから脱出しています。

冒頭でもお話しした通り、ニートから脱出できないのは同じ習慣を繰り返しているからです。同じ事を繰り返していても変わらないのは当たり前です。より強固な習慣となるだけです。しかし習慣を1つ変えれば行動は変わりますし結果も変わります。

最初の一歩目はとてもパワーがいります。もしすぐに出来なくても落ち込む必要はありません。普段と違う事をするのは誰でも苦手なのです。それが人間です。

でも一歩さえ歩けば、ニ歩目、三歩目は少し楽になります。体が歩き方を覚えてくれます。もちろん歩いても歩いても目的地に辿り着かず疲れることもあるでしょう。

そういった時は思い切って休んでください。遊んで下さい。

ただし休むのは2、3日のみ。習慣は継続が大切ですから休みすぎると元に戻ってしまう可能性があります。そうすると又社会復帰から遠ざかってしまいます。

始めに社会復帰は可能と書きましたが、若い方が就活で有利なのは間違いありません。

23歳ニートの方と33歳ニートの方では企業に与える印象が大きく変わります。また35歳を越えると職業の選択肢が極端に少なくなります。ですから可能な範囲で早めの行動を心がけてください。

就職活動の方向性 正しい方法

もしあなたが習慣を変える行動として、就職活動をする時が来たら正しい方法で行って下さい。インタビューでもご紹介している通り、誤った方向に努力して結果が出ていない方が本当に多いのです。

就職活動で大事なのは以下の3つです。

たくさんの求人に触れる

まずは出来るだけたくさんの求人に触れること。

既卒の就職活動は転職サイト・人材紹介会社・ハローワークの利用と主に3通りありますが、出来るだけ多く利用して求人情報に触れて下さい。

ハローワークにない求人を転職サイトはカバーしていますし、その逆も然りです。人材紹介会社では他2つでも紹介していない非公開の求人を入手することができます。

履歴書や職務経歴書の書き方、面接のコツを教えてもらう

また、長期間就活をしているのに内定が出ない方に多いのが、自己流で履歴書や職務経歴書を記入している方です。間違ったアピールやNG文面を記入していることも多く、そのせいで就職を遠ざけているのです。

何をやっても書類選考が通らなかったのに、人材紹介会社のコンサルタントのアドバイスを受けただけで面接に呼ばれるようになった方は多数おられます。長年就職活動に携わってきたプロに採用のコツを教えてもらう方が採用確立は上がるので出来るだけ利用して下さい。

現時点での自分の仕事価値を把握する

現時点での自分の仕事価値を知っておくのも重要です。もし今まで職歴が一切なくニートだった方の場合、残念ながら現在のあなたの仕事価値は0に等しいです。もしかすると、とんでもないポテンシャルを持っているかもしれませんが、それを証明するものは就活時点ではありませんので0に等しいのです。

0の者が大企業であったり、キャリア必須の職業を選んでも採用される可能性は低いです。それどころか書類選考の時点で門前払いとなるでしょう。ですから現時点での自分の仕事価値を知ること、そしてそのレベルで採用の可能性がある仕事や企業を選ぶことが就活ではとても大切です。

自分で判断しても良いですし、客観的な意見が欲しいなら人材紹介会社のコンサルタントに教えてもらうのがおすすめです。

勿論これらは現時点での話ですので、就職してスキルやキャリアを積んでいき、最終目標に近づくことも可能です。

 

これら3つをしっかり対策すれば、就職活動はほぼうまくいきます。空白期間が長い者でも就職する先はたくさんあることが分かると思います。

人気の転職サイト

転職サイトの利用者は多いと思いますが、大企業から中小企業まで求人数の幅が広いリクナビNEXTは必須です。

プロフィール登録し、志望の業種・職種を設定しておけば企業からスカウトが届くのでおすすめです。

リクナビNEXT[必須]

人気NO.1はリクルートのリクナビNEXT。顧客満足度ランキングでも1位を獲得しており、求職者の8割はリクナビNEXTを利用しているというデータが出ています。

求人の約85%はリクナビにしか載ってない案件なので、ここでしか得られない情報が盛りだくさんです。

会員登録しておくと、編集部のおすすめ求人や貴方の希望にマッチした企業からのオファーや・カウトを受け取る事も可能です。

また面接や書類で自分がアピールすべき部分が分からない場合には、貴方の強みを本格診断してくれる「グッドポイント診断」をWeb上で受ける事ができます(約30分の大ボリューム)。

就職活動を始めるならまずはリクナビNEXTに登録するとよいでしょう。

人気の人材紹介会社

転職エージェントの利用は最近人気の就活方法です。コンサルタントと個別カウンセリングを行い、希望職種や希望待遇を伝えることでその条件に適したおすすめ企業を紹介してくれます。

また人材紹介会社を利用する最大のメリットは、履歴書・職務経歴書の書き方・面接対策など企業に合わせたアドバイスを受けれる点でしょう。

面接日のスケジュール調整も行ってくれますし全て無料で利用出来るので、就職活動に不慣れな方や、なかなか採用が決まらない方は一度活用してみるとよいでしょう。

ハタラクティブ[既卒に人気 20代関東圏在住の方のみ]

ハタラクティブは既卒やフリーターを対象とした数少ない人材紹介会社の1つです。

個別面談を受ける事で、貴方に合った仕事を導きだし、企業への紹介・面接日の調整・必要種類の書き方・面接対策など就職活動に必要な全ての手助けをしてくれます。

登録者の内定率が約80%と高い数字を出しています。

なかなか書類選考が通らない方や面接でいつも落とされる方は、履歴書や面接のアピールの仕方が間違っている可能性があります。そういった基本的な事をしっかり教わるだけで内定率は上がるので活用しましょう。

東京・埼玉・千葉・神奈川など関東圏在住の方が利用できます。

リクルートエージェント[人気NO.1 関東圏以外に在住なら]

リクルートエージェントはリクルートが運営する転職支援サービス。

転職支援NO.1の実績を誇る大手会社であり、求人の90%が非公開求人ですので独自案件が豊富にあります。既卒が利用しても良い企業と出会える可能性は高いので、ハタラクティブが合わなかった方や、ハタラクティブを利用できない方はリクルートエージェントがおすすめです。

業界トップクラスのキャリアアドバイザーによるカウンセリングは、話を聞くだけでも就活に対する意識が変わったと仰る方は多く、就活を前進させてくれたと評判の高い会社です。

ハローワーク

ハローワークは説明不要かと思いますが、転職サイトや人材紹介会社にはない求人が掲載されているのがメリットの1つです。

企業は求人を無料掲載しているためブラック率は少し高めですが、優良企業もたくさんあるので是非利用しましょう。

公開日:
最終更新日:2017/09/19