ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

「兄弟がニート」環境を家族がつくる

   

兄がニート生活を送っていたAさんにインタビューを行いました。家族は何を考えどのように行動すればいいのでしょうか?

私が気にしなくても親戚や友達が気にする

家族

ー 今日はよろしくお願いします

「よろしくお願いします」

ー お兄さんがニートだったとお聞きしたんですけど

「そうですね。ニートというか半ひきこもりでしたね」

ー 半というのは

「外には時々出てましたし、食事とかも私たちと一緒に食べてたんです。会話もそこそこはありました。ただ他の人とはあまり交流がないっていう」

ー 社会とは繋がっていないってことですね

「そうですね」

ー それはいつ頃からでしょうか?

「兄が高校を卒業してすぐですね」

ー 何年くらいですか?

「4年くらいですかね」

ー 困ったこととか、逆によかったこととかありますか?

「困ったことは私が友達と遊んでる時ですかね、ほんとたまになんですけど兄弟の話になった時とか」

ー 話すのが嫌?

「嫌とまではいかないんですけど、何て言っていいかも分からなくて。近所に住んでる友達もいたんで昔から兄のことを知ってる子もいたんです。心配してくれるんですけど何て言っていいものか」

ー ご自身はそれほど重く考えてなかったからですかね?

「そうですね、それほど重くとらえてなかったです。そんなこともあるだろくらいで。それより親戚の集まりの方が嫌でした」

ー 何か言われるんですか?

「割と大家族なので親戚が多いんですよ。いとこも同じ年の子達がいっぱいいて、子供の頃から何かと比べられてたんですけど、今の状態じゃねえ?」

ー Aさんとこの子は今何をされてるんです?的な

「ほんとそんなおばさんがいたんです。教育熱心というか。その度に兄や母が嫌な思いしてるだろうなぁって」

ー ちなみにお兄さんがひきこもりぎみになられた理由とかはあるんですか?

「それもよく分からないんですよね、寡黙なので」

強引にアルバイトを勧める

ー 家族でご相談はされていたんですか?

「一度アルバイトから始めてみてはどうかって話が出て、知り合いが酒屋さんをやっていたんで母が勝手に頼みこんじゃったんですよ」

ー ご自身には内緒でですか?

「そうなんです。話つけといたらから今日面接行っといでって。」

ー 行かれたんですか?

「兄も気使いなんで言われたら受け入れるんですよね。文句言わずに行ってました。で、結局面接に受かって働きだしたんですが、5日目くらいで、相手先から断られるっていう」

ー 何故ですか?

「仕事ができなかったみたいですね。厳しい店だったのもあると思うんですが」

環境作り

ー ではそこからまた逆戻り

「そうです。もう自分でやる気を出してもらうしか無理だろって話になって。」

ー 今は働かれてるんですよね?ということはやる気を出されたということでしょうか?

「それもあると思うんですけど、他にも理由があって・・・。実は私が結婚したんです。で色々あって旦那が養子縁組としてうちの籍にはいることになったんですよね。うちの家で同居することになったんです」

ー Aさんの家族とAさんの旦那さんが一緒に住まれることになった?

「はい。そうです。だけど部屋の数もないですから兄には出ていってもらう形で・・・。もちろん私が結婚したから追い出した訳ではなくて、少し確信犯的なところもあるんです。そうしたら働かざるをえなくなるんじゃないかなって」

ー でも急に自分の家がとられてお兄さんは怒りませんでした?

「嫌だったとは思いますね、でもすぐに受け入れてくれました。家族みんなで部屋探して。仕事は兄が見つけてきました」

ー 何のお仕事をされているんでしょうか?

「WEBのプログラミングの仕事です。コーティングとかかな?家にいる時はずっとパソコンをいじってたので結構強いんですよ」

ー 今回は辞める気配もありませんか?

「そうですね。もう半年は続いてますし、辞めたら暮らしていけないですからね」

ー ではですね、ニートから抜け出すにはどうすればいいかAさんが思う範囲で教えていただければ

「やっぱり環境だと思います。皆が皆そうではないかもしれませんが、働かないと駄目な環境にいけば皆働くと思うんですよね。その環境を周りが作ってあげることが大事ですね」

ー 分かりました。今日はありがとうございました

「ありがとうございました」

 - ニート脱出きっかけ