ニート生活ブログ

ニートをやめて自立|就活を始めることになった私の歴史的な1日

2015年4月16日

いつものように自分の部屋でツムツムに興じていた日夜。

いきなり母親がノックもなしに部屋に入ってきて、開口一番こう言った。

 

 

 

「なぜ働かないの?」

 

 

 

 

僕は膝から崩れ落ちた。

彼女は何故こんなことを聞くんだろう?いつもはそんなこと絶対に言わないのに。

 

 

 

 

こんなひどいことを聞いてくるなんて、彼女はもしかして親ではないのか?

親がこんなひどいことを聞いてくる例を僕は知らない。

だってニートに「なぜ働かないの?」って聞くのは、「なぜ戦争に行かないの?」と聞くのと同義。

子供を戦争に行かす親があるもんか。

 

 

そうか、鬼畜だ。親の皮を被った鬼畜なんだ。

僕は鬼畜を睨みつけ、こう答えた。

 

 

 

「理由はない。働きたくないからだ」

 

 

 

すると鬼畜は父親を呼び、今度はカップルで詰めてきた。

 

 

 

「いい加減にしなさい」「いい加減にしろ」

 

 

 

 

 

さすが鬼畜カップル。息ビッタリだ。

恐らくお互いの鬼畜ぶりに惹かれあったのだろう。

 

 

 

 

 

「いつまでそんなこと言ってるの!」

「働かないなら、この家から出て行け!」

 

 

 

 

ハタラカナイナラデテイケ・・・?

いや、ちょっと、え?

おいおいおいおい、この鬼畜達は一体何を言っているんだ?

 

 

「働かないなら出ていけ」って、それじゃあこっちが不利なことばかりじゃないか。

「働かない」というリスクを背負っているのに、そのうえ家も出ていけと?

 

 

「働かないなら生活を援護してやる!」なら分かる。「働かないならマジェスタを買ってやる!」も分かる。

 

 

 

ハタラカナイナラデテイケ・・・?

なんてことだ!

俺は働かない上に、家も出ていかないといけないのかよ!

 

 

もう終わりじゃないか。。。

俺はどうやって生きてけばいいんだよ。

働かずにどうやって暮らせって言うんだよ。

 

 

 

 

「働かずにどうやって暮らせって言うんだよ!」

 

 

 

 

 

鬼畜達は目を点にしていた。

さすがにこれはマズイ状況だ。

考えろ考えろ俺。

こういう時に頭をフル回転させる為に、高速音読してたんだろ?

こういう時に機転がきくように、DHAたっぷりの魚を摂取してたんじゃないのかよ。

今動かないでいつ動くんだよ!

 

 

 

 

「働く以外なら、なんでもやる!働く以外なら死んでもいい!だから家から出すのは勘弁してくれ!」

 

 

 

気づいたらそう懇願していた。

 

 

 

 

「駄目だ!」

 

 

 

 

 

「じゃあアルバイトをして家に3万円入れる!これでどうだ!」

 

 

 

ちなみにこれは今回の交渉ラインギリギリだ。

ほぼ原価で売っている。はっきり言ってこちらに儲けは無い。

 

 

 

 

「駄目だ!」「今回は本気だ」

 

 

 

・・・ホンキだと?

ちくしょー!!

なぜだ!!

なぜ親のくせに本気で俺にぶつかってくるんだ!

どこの親も臭いものには蓋をして生きてるじゃないか!

 

 

 

 

 

「臭い俺に蓋をしてくれよ!」

 

気がついたら主張がよく分からない言葉を口走っていた。

すると鬼畜たちは返す刀で「あなたのためを思って言っているのよ」と言った。

 

 

 

 

なぜだ!

どこの親も「世間の目が」とか、「よそ様に顔向けできない」とか、周りの目ばかり気にしてるじゃないか!

俺の為を思って言うなんて、お前それでも親かよ!

この親の皮をかぶった鬼畜め!

 

 

 

 

このままでは平行線を歩き続け、日付変更線をまたいでしまう。

泣く泣く、今回は圧力に屈し就活を始めることした。

 

 

 

ということで今日から僕のニート脱出日記をここに記します。

-ニート生活ブログ

© 2020 突撃!ニート先輩|既卒・フリーター・職歴なしの脱出ブログ|正社員就職