ニートからの脱出 既卒・ニートの就職活動

ニートからの脱出方法。既卒就職活動。原因・生活ときっかけ

*

就活、、なにをすればいいのか分からない!どうすればいい?

      2015/07/28

オフィスビル
今までニート生活を送っていた方にとって、「就職活動」は分からない事ばかりで戸惑ってしまう事でしょう。今回は、なにをすればいいのか分からない方へ就活の手順をご紹介させて頂きたいと思います。

就活ってなにをすればいい?

①転職サイト・人材紹介会社・ハローワーク

まず最初に求人を掲載しているサイトに登録しましょう。転職サイトと呼ばれているものがほとんどですので、職歴がない方は物怖じするかもしれませんが、職歴がなくても応募する事は可能です。また転職エージェントやハローワークなら、就活のアドバイスを受ける事ができます。私たちの話をしっかり聞きこみ、やりたい仕事を担当者の方が一緒に探してくれます。

ハローワークは無料で掲載できるので、ブラック企業や火の車状態の企業も多くありますが、優良な企業ももちろんあります。まずは転職サイトにプラスしてハローワークか転職エージェントを利用するとよいでしょう。

②やりたい仕事を絞る

どんな仕事でも良いという考えは捨てて下さい。まずは、自分がやってみたい仕事や興味のある仕事を探すことをオススメ致します。

近年は、入社してもすぐに会社を辞める方が増えており、離職率はどんどん高くなっています。その大半は、とにかくどんな仕事でもいいから応募した結果、幸か不幸か採用してもらったという方達です。ですので、会社の事や仕事内容もろくに理解出来ていない方が多くいらっしゃいます。

仕事をしなければいけないと焦る気持ちは分かりますが挑戦は何度でも出来ます。最初はやりたい仕事を中心に探して後悔のない就職活動にしましょう。

③企業を知る

やってみたい仕事を見つけたら、しっかりとその企業について調べましょう仕事内容や従業員の人数、労働時間、休日、給料等、企業について把握しておく事が大切です。

やってみたい仕事が見つかったとしてもその企業がブラック企業の可能性もあります。ブラック企業は多くなっているので信用出来る企業を選ぶことが必須です。とにかくやってみたい仕事があったら応募してみるという姿勢は大事ですが、一旦立ち止まり、よく調べ、内部を知ることが、入社してから後悔しなくてすむ秘訣です。

④面接練習

基本的に企業は基礎知識と面接で採用の合否を決めます。そこで一番重要になるのは面接練習です。基礎知識はきちんと勉強していれば難しくはないですが、面接に関しては如何に自分の良さをアピール出来るかにかかっています。

転職エージェントであれば担当者と面接練習をする事も出来ますし、態度や姿勢、言動についてしっかりとアドバイスをもらえます。もし自宅で練習するなら家族にお願いしてみましょう。一番悩む部分であると思いますが、面接に全てをかける勢いで練習をしましょう。あくまでも、基本的な受け答えの他に自分のアピールポイントを上手く伝えれる事が出来るかがポイントです。

⑤募集している企業へ応募

受けてみたい企業が見つかったら応募をしましょう。ここで大切なのは履歴書です。履歴書からすでに勝負は始まっているので誤字脱字は避ける事。内容は薄くならないように気をつけましょう。

履歴書には、

(例)「貴方の長所と短所は?」

といった質問項目があります。

貴方のマイナスな部分を聞いていますが、決して素直にマイナスな事を書かないようにしましょう。マイナスな部分でもプラスに見えるよう相手に好印象を与えるような書き方をする事が大切です。

⑥企業から連絡

応募をして、履歴書の審査が通れば企業から日程を合わせて面接を行いたいという連絡が入ります。その面接で上手くいけば晴れて採用になります。中には、基礎知識のテストを間に挟んでから面接をするという企業もあります。

採用の合否は、面接が終わってから約1〜2週間程で連絡が入るはずです。不合格の場合は、郵送で不合格通知が届くので直接連絡がくることはありませんがそこで気落ちをしてはいけません。不合格だから就活が終了ではないのでもう一度前を向いて次のステップに向け踏み出しましょう。

⑦まとめ

就活は辛い事の連続です。内定が貰えない、面接が上手くいかない、良い仕事が見つからない等と悩みが絶えない事が数多く待ち受けています。

しかし、就活に全ての気力を使う必要もありません。しっかりと息抜きをする事も大切なので適度なリフレッシュも心がけ就活に挑む事で、悩みというストレスも軽減され力を十分に発揮できるはずです。前向きに就活を始めましょう。

 - ニート就職